烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち あらすじ 第17話

烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち あらすじ 無料動画 全話
はこちらからごらんいただけます
↓ ↓ ↓
烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち あらすじ 無料動画 全話

烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち あらすじ 第17話

第十七回
強い口調でテボムに膝をついて謝れと言うスヨンの母。
テボムは怒りを必死に抑えるような表情だ。
居間に出た母を説得しようと、必死になる父とスヨン。
その声を聞きながら怒りを抑えているテボムは、ふと壁にかかった何枚もの写真を見る。
その一枚一枚から母がこれまでスヨンにかけてきた愛とそれゆえの期待の大きさを慮るテボム。。。
居間ではスヨンがテボムを弁護しながら、必死に母の言葉を撤回させようと努力する。
そこへテボムがやって来て、母に膝をついてスヨンの心を痛めてしまったことを謝罪するのだった。
母の怒りは少し解け、食事を続けようと言うが、
テボムは今日はこれで失礼すると、出て行くのだった。
急いでテボムの後を追うスヨン。
外で話す2人。テボムはやはりプライドが傷ついて、今後のことに不安を感じていた。
契約結婚の途中でももし愛する人が出来たら自由に会ってもいいことなど、新たに条件を出す。
テボムに感激していたスヨンだが、その言葉を聞いて、「やっぱりあの謝罪は嫌々だったんじゃない!」と投げかけるが、
その言葉にテボムは、心からの謝罪だったと答える。

スヨンの叔母ヨウンは友人の店に遊びに来ていた。
客足が途絶えず、忙しい友人を待つヨウン。
友人は健康上の理由でこの店をヨウンに任せることにしたのだったが、
商売繁盛する様子を見て、是非やってみたいと言うヨウン。
だが実は、さっきまで来ていた客たちはすべてサクラだった。。。

一方酔っ払って帰宅したテヒ。
ジャウンにボールペンを渡しながら、おかげで捜査に大きな進展があったと言う。
話しているうちに寝てしまうテヒ。ジャウンの上に倒れ掛かり、ドキッとするジャウンだった。。。
ジャウンはすぐに逃れたものの、そのままそこで寝てしまうテヒ。。。
玄関をノックしてみようとはするものの、結局仕方なくテントに戻ってくるジャウン。
そのうち思いついたように、眠り込んでしまったテヒの胸の上にいろいろなものを置いては写真を撮って楽しむ。
その後テヒが首にかけていたテヒの靴を下ろしてやり、頭の下に枕代わりにタオルを敷き、布団をかけてやる。
ジャウンは結局座ったまま寝ざるを得ないのだった。。。

母ポクジャは、昼間の「泥棒だと疑って本当に申し訳なかった」と謝罪するジャウンの言葉が思い出されて眠れない。。。
ポクジャが起き上がると、隣で寝ていた父チャンシクも「眠れないのか?」と起き上がる。
「テボムはちゃんとできたかなあと思って。。。」と答えるポクジャ。
それから2人でテボムのことやスヨンの家のことを話す。。。

朝。目を覚ましたテヒは隣にジャウンが寝ているのを見て驚く。
そーっとジャウンに布団をかけてやり、家に入る。
そこに母がやって来た。
かわいい息子が酒を飲んで朝帰宅したので二日酔いに効くドリンクを作ってやろうとする母。
そうしながらジャウンが起きていたか尋ねる。
自分の部屋に入るテヒは弟テピルが何かを探しているところに出くわす。
テヒはテピルが疑わしくてならない。事業を始めると言うテピルの言葉も、信じられない。
小言を言うテヒ。言い返すテピル。
そこに母が入ってきて、今の話は何なんだとおどろくが、あわてて嘘をついて母を安心させようとする2人。
母はなんとか収まったが、それでもテピルに対しテヒを見習うようにと小言を続ける。

テントではジャウンがいつもより遅く目を覚ました。
テントの中に女性の小さな白黒写真を見つけるジャウン。
それは昨日テヒがポケットからボールペンを取り出す際に落としてしまったものだった。。。

朝ごはんのとき、昨日の新婦宅への挨拶はちゃんとできたのかと尋ねるテピルに、
ご両親が、手作りの食事であたたかくもてなしてくれたと言って親を安心させるテボム。
週末両家顔合わせをしたいと父に話し、親は納得するが
結婚式は互いに25人まで呼ぶつもりだと言うと、大反対に遭う。
新居はどうするのかと聞かれ、オフィステルでそのまま住むつもりだと話すテボム。
また反対を受けそうなところにジャウンが入ってくる。
今日は学校があるから、帰ってから農作業を手伝うと挨拶のために来たと話す。
「ご飯を食べていけ」という父に、「ご飯もトイレも別々の約束じゃなかったか」と言い返す母。
父に、「大丈夫です」と笑顔で言い、「お水だけください」と台所に入るジャウン。
また、シンクにいっぱいの洗い物の山を見て何かを思うのだった。

≪スポンサーリンク≫

放送局。
エレベーターでテボムとスヨンは偶然一緒になり、2人は家の様子や住む家のことなどを話す。

放送局の前のカフェではスヨンの叔母ヨウンがスヨンを待っていた。
ちょうど斜め前の席にはテピルが座って、大きな声で電話をしている。
大きな事業を始めるから投資してほしいと頼む内容の電話を聞きながらテピルのほうを見ているヨウン。
そのとき、一方的に電話を切られ愚痴っていたテピルの目つきが変わった。
誰か来たのかとそっちのほうを見るヨウン。
視線の先にいたのは美しい女性だった。
テピルは女性がちょうど通り過ぎる瞬間、わざと自分のコーヒーを落とす。
女性は自分のせいだと誤解して謝り、テピルは「大丈夫です」といいながら、
「そんなに気になるなら、今度コーヒーおごってください♪」と名刺を渡す。
一部始終を呆れ顔で見ているヨウン。
そこへスヨンから忙しくて行けそうにないとメールが入り、ヨウンは立ち上がるが、
その際友人から引き受ける店の契約書を置いたままであることに気づかなかった。
しばらくしてテーブルの上に何かが置き忘れられていることに気づいたテピルは
ヨウンを呼び止めようとするが、ヨウンはすでに立ち去った後だった。
ふと封筒の中身が気になりあけてみたテピルは中から店の契約書が出てきて驚く。
「あのお姉さんが、こんな大型衣類店の契約をするなんて。。。」とつぶやきながら
契約書をめくるテピル。
「でも、この辺あんまり立地よくないのになんでまたこんなところを。。。」と電話番号をメモしようとしたとき、
戻ってきたヨウンがさっと契約書を奪い取る。
「何やってるんですか?」とにらみつけるヨウン。
テピルは急いで追いかけ、「どこかで会ったことないか」と話しかける。
「ずっとアメリカにいましたけど」と言い返すヨウル。
また、店のことを「あそこの売り場は立地がよくない」と話すテピルだが、
それにもヨウンは「あなた、人生そんな風に生きてはいけませんよ。」と言い返す。

オジャッキョ農場。
長男テシクが出勤しながらイェジンと電話で話をしている。
見送る祖母。
そこに下の家のミスクがやって来て、テシクをにらみつけながら見送る。
祖母を自分の家に連れてきてチヂミを振舞うミスク。
チヂミをおいしく食べながら、「もしかしてテシクのことが好きなのか」と尋ねるおばあちゃん。
完全否定するミスクだった。

テヒは後輩を叱っている。
ペク社長の運転手ホン氏が朝早く中国に発ってしまっていて、接触できなかったのだった。
そこへジャウンから昨日撮ったいたずら写真のメールが送られてくる。
キャラメルマキアートを買ってくれないならこの写真をネットで流すと脅すジャウン。。。

ジャウンは電気屋で食器洗浄機を見ている。
値段を聞き、今度は質屋にやって来たジャウン。
大切な品をまた一つ売り、お金を手に入れて喜んで店を後にするジャウンだが、
そこへジャウンの継母がやって来た。
ジャウンに気づかず質屋に入る継母。外から見つめるジャウン。
そして、ジャウンは店を出た継母の行方を追ってみることにする。
継母は小さな小さな宿に入っていった。
宿の共同洗面所で髪を洗う継母。そこへ同じ宿に住む人が、「おばさん!また私のシャンプー勝手に使ったでしょ!」と怒鳴り込んできた。
怒鳴り返す継母と、その様子を見ているジャウン。
ジャウンは静かにその場を去り、複雑な気持ちで歩く。。。

オジャッキョ農場。
テシクが帰ってきた。
農作業をする父の手伝いをしながら、テボムの結婚のことや、長男である自分の結婚のことを話すテシク。
是非イェジンを連れて来いという父チャンシクだった。。。

夜、キャラメルマキアートを買って帰ってきたテヒ。
お礼を言うジャウンだが、まだ沈鬱な気持ちは晴れない。
テヒに今朝見つけた写真を渡すジャウンだが、テヒは「お前がなんでこれを持っているんだ!」とものすごい剣幕で怒鳴りつける。
部屋に入り、写真を机の上に置いたまま窓を見つめるテヒ。
そこへ入ってきたテピル。
机の上の写真を見つけ、テヒに「お前の母親だろう」と話しかける。
「出て行け」と言うテヒに、続けて母親のことを話すテピル。
遂に激怒したテヒは、テピルの胸ぐらをつかみ、本棚に押し付ける。
ようやく出て行くテピルだった。。。

週末、遂に両家顔合わせの日がやって来た。
スヨンの親の予約した豪華なホテルで顔を合わせるテボム一家とスヨン一家。。。

Copyright © 2018 韓国ドラマ あらすじをネタバレサイト All Rights Reserved.