烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち あらすじ 第58話(最終回)

烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち あらすじ 無料動画 全話
はこちらからごらんいただけます
↓ ↓ ↓
烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち あらすじ 無料動画 全話

烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たち あらすじ 第58話(最終回)

第五十八回(最終回)
主礼の代わりにテヒとジャウンの結婚式に壇上に上がったポクジャ。
だがその場で、ジャウンがまたとない機会を見送ってまで結婚をするのが気に入らないと言うのだ。
そして、あの時ジャウンに聞かれた「おばさんは、おばさんの人生を後悔しているんですか?」という問いに今、答える。
「おばさんは、おばさんの人生悪くなかったと思う。後悔したことはないよ。」と。
泣きながらジャウンに、「おばさんはお前が嫁に来てくれて本当に嬉しい」と言うポクジャ。
そして、心から結婚を祝い、祝辞を終えるのだった。

家に帰ってきたおばあちゃんと父、母。
そこにテボムがやって来た。
ポクジャはまだ機嫌が直らず、テボムに冷たく当たるのだが、テボムは謝り、愛嬌を振りまく。

テヒとジャウンは新婚旅行にやって来た。
テレビを見ながら、二人はこれからの約束事を決める

翌朝スヨンの両親と、テボムとスヨンは朝食を共にしているが、
スヨンの母の、二人を配慮する姿に、二人は少し感動するのだった。
スヨンは出勤するテボムを送り、料理にいそしむのだが、やはりうまくいかない。
ちょうどそこへミスクから電話が入り、ミスクに料理の方法を尋ねるスヨン。
するとミスクはハナとククスを連れてやって来て、直接料理を教えてくれるのだった。
料理をしながらミスクとスヨンの距離は近づき、仲良くなる。

アメリカへ発つジェハを見送りに空港へ来たテヒとジャウン。
ジャウンは温かく情深く、テヒは男らしくかっこよく、それぞれに挨拶をする。
最後に一つ頼んでもいいかと前置きし、ジェハは「一度だけ、兄貴と呼んでほしい」と言う。
だがテヒはさらっと断り、ジャウンはプレゼントだと言って手作りのスケッチブックを渡す。
出国ロビーで一人スケッチブックをめくるジェハ。
するとそこへ、テヒからメールが。そこには一言、「兄貴」と書かれていた。

テヒとジャウンは、改めてファン家のおばあちゃん、両親に正式な最敬礼をする。
家族みんなが新しい夫婦を温かく見つめているその頃、テピルは一人川岸に立っていた。
そこへヨウルがやってくる。
テピルがヨウルに、二年間地方へ下り、底辺から始めたいと、そして誰にも反対されない、力のある男になって、ヨウルを守りたいという。
だが、ヨウルはもうお互いに足を引っ張ったりしないで、お互いの道を歩もうと言う。
二年後のことはその時考えようと。。。
互いを抱きしめあいながら今までの全てに礼を言う二人。

その夜ファン家四兄弟は酒を酌み交わし、テピルはその席で、ヨウルと別れたと報告する。
地方に行きまた一から始めると話すテピル。
「大人になった」と褒める長男テシク。「よく言った」と褒める次男テボム。「後悔しないか」と尋ねる三男テヒ。
その言葉に、とうとうテピルは涙を流し、心のうちを吐き出すのだった。

ある夜、テヒがふと目を覚ますと隣で寝ていたジャウンがいない。
ジャウンを探しに部屋を出ると、ジャウンは台所で一人、楽しそうにイラストを描いているのだった。
翌朝突然テボム夫婦がやって来た。
そして朝の食卓。テシクからよい報告がある。
それは、四兄弟がジャウンの父イノから家と畑を買い取ったという話だった。
そんな金はどこから、、と驚く両親に、テヒから亡くなった実母の遺産を是非使いたくてと話があった。
喜ぶ祖母と両親。特に母ポクジャは、遂に自分の土地ができたと大喜びするのだった。

テヒが祖母の部屋に、話したいことがあるとやってくる。
ジャウンと共に、二年間アメリカに行き勉強をしたいと言うのだった。
「おばあちゃんが寂しかったら、ジャウンだけ送ります」と優しい笑顔で言うテヒ。
少し考えたいから、とりあえず出勤しろと笑顔で促す祖母。
その後祖母は畑で仕事をしている母の元へ行き、テヒの話をするのだった。
二人でテヒの幼い頃の話をし、ポクジャが嫁に来た頃の話をする。。。
そして、初めてポクジャに「お疲れ様。ありがとう。」と言う祖母。
嫁姑二人で、仲良く年を取ろうと笑いながら話すが、「あと何回、春を迎えられるかの」とぼそっとつぶやいた祖母。
そんな祖母にそっと手をやるポクジャ。。。

ミスクの食堂へかも肉を持って行ったポクジャ。
社長もそれを試食しておいしいと言い、遂にポクジャは契約を結ぶのだった。

ヨウルの店ではスヨンの両親が売り場を手伝いに来ていた。
その頃荷造りをするテピルの元へククスがやって来て、プレゼントだと言いながら、是非使ってほしいと 豚の貯金箱を差し出す。

スヨンは陣痛を迎え、とうとうかわいい赤ちゃんを授かる。
その夜、居間で集まった家族。ジャウンが来た頃の話に花が咲くのだった。
翌朝もいつものように元気に外へ出てきたポクジャ。
アヒル小屋の戸を開け、「私の子供たち!」とアヒルに声をかける。。。

Copyright © 2018 韓国ドラマ あらすじをネタバレサイト All Rights Reserved.