韓国ドラマ 王女の男 あらすじ 第8話

ae7e8c04dd102f740679094c18e0481c

韓国ドラマ 王女の男 あらすじ 全話 無料動画
はこちらから確認できます
↓ ↓ ↓
韓国ドラマ 王女の男 あらすじ 全話 無料動画

韓国ドラマ 王女の男 あらすじ 第8話

8話
セリョンに自分の暗殺計画を知られたスヤン大君は、セリョンに外出禁止にする。
スンユに危険だと知らせようとするが、母ユンシに見つかってしまう。

何も出来ないセリョンは、ヨリに頼むが断られる。

ミョンはスヤン大君の計画を聞き、指示を受ける。
暗殺計画をするのか決断を迫られていた。悩むミョン。

その頃、暗殺計画の事など知る由もないタンジョン(ホンウィ)王は、王女キョンヘの私邸に行き、楽しく過ごしていた。

家から出ることに成功したセリョンは、急いでスンユの家に向かう。
どうにかバレずにスンユの家に着いたセリョンは、ジョンソに会いスンユと話そうとした時使用人に捕まり家に戻されてしまう。
その現場を目撃していた子供が、スンユにお姉さんが連れて行かれたと聞かされるスンユ。
そして家に戻されたセリョンは、母ユンシに監禁されてしまう。

スヤン大君からジョンソに手紙が届く。
スンユが「女官と情を交わしている」と。そして、夜スヤン大君が来ると知ったジョンソは、息子スンユを守ると言った。

≪スポンサーリンク≫

スンユは、父ジョンソに会ってもらいたい人がいると話す。
相手が女官だからダメだと言うジョンソに対し、スンユは、許してもらえるまで待つと言い、セリョンを好きなまま他の人とは一緒になれないと自分の気持ちを伝える。

監禁されても諦めていなかったセリョンは、血で書いた文書をヨリに渡し、スンユを寺へ向かわせる。
血で書かれた文書を見て驚くスンユは、寺へ向かう。

スヤン大君が武装した部下を引き連れ、スンユの父ジョンソに家に着く。
そして、スヤン大君がジョンソに、縁談を受けていた平和な暮らしが出来ていたのにと言う。
それに対し、ジョンソはスヤン大君に、無駄な欲望さえ抱かなければ、こんなことにはならなかったと言う。

外にいたスンユの兄スンギュが、スヤン大君と共に来た者たちの気配がおかしいと思っている時、隠していた刀を見つける。
その瞬間から襲撃が始まる。
そして「スンユが会っている女官は私の娘だ」と言い、手下にジョンソを襲わせる。
父ジョンソを守りに来たスンユの兄スンギュだが、その時にはジョンソは切られていた。
そしてスンギュも、襲われてしまう。

暗殺計画が実行されている事も知らず、セリョンに会うために寺に向かうスンユ。
寺にセリョンがいなかったので、家に戻ってきたら、父ジョンソと兄スンギュが倒れているのを見つけ涙を流す。

感想
幸せそうな2人の場面から、笑顔より涙を流す場面が多くなっていくのだろうと感じられる。
セリョンはスンユの為にどうにかして伝えようとする姿が、これが愛だなと感じさせられた。

Copyright © 2018 韓国ドラマ あらすじをネタバレサイト All Rights Reserved.