韓国ドラマ 男が愛する時 あらすじ 第9話

韓国ドラマ 男が愛する時 あらすじ 全話は以下からご覧ください

韓国ドラマ 男が愛する時 あらすじ 全話

韓国ドラマ 男が愛する時 あらすじ 第9話

満開の桜の下、テサンのさりげないプロポーズに当惑するミド。。。

ミドを家に招待したテサン。
前日、テサンはあちらこちらと買い出しにいそしみ、買ってきたものを整理しているところに
ソンジュがやってきた。
ソンジュはテサンの母の食堂で料理をテイクアウトし、テサンの家に寄ったのだった。
それを、昔母親が作ってくれたのと同じ味だとおいしく食べるテサン。
そこにミドから電話が来る。
テサンがソンジュと一緒にいることに勘付くミドだが、知らぬふりをする。
ところが、ソンジュが手を洗ってくるといって、うっかりブレスレットを置き忘れていってしまうのだった。

次の日テサンの招待を受けて、やってきたミド。
二人は一緒にパスタを作りながら、おいしく楽しいひとときを過ごすのだが、
そこにソンジュがブレスレットを取りにやって来た。
ソンジュが帰り、ミドはふてくされる。
二人は本当にただの友達なのか、ならばなぜブレスレットを置いていったりするのかと問いただす。
やきもちを焼くミドに、内心嬉しいテサン。
ムードが悪くなり、ミドの気持ちを解くために努力するテサン。
ミドはジェヒとテサンを比べ始める。。。
自分の夢を分かってくれるジェヒに、感謝を感じるミド。
テサンは自分と一緒に幸せに暮らすことが夢だったらいいなあと話すが、
ミドにはまったく通じない。
テサンとミドはデザートを食べながら、カルメンのDVDを見て過ごす。
空気とごみしかなかった冷蔵庫に新鮮な材料を詰め、、
100坪を越える広い家を一人で掃除し、、
しかも前日、ミドが遊びに来ることを考えるとどきどきしてなかなか眠れなかったテサン。
ついうとうと眠ってしまうのだった。
もともとお昼だけ食べて帰ろうと思っていたミドは、テサンを起こさずに家に帰るのだが、
自宅の本屋の前で、ためらいながらも何か書いて走り去るジェヒの姿を見る。


≪スポンサーリンク≫


次の日会社でまた、テサンとソンジュが一緒にいるところを見てまた気分を害するミド。
テサンはミドを呼び出して、昨日DVDを見ながら眠ってしまったことを謝るのだが、
ミドはソンジュにいつも曖昧な態度をとるテサンを非難し、
二人で仲良しこよししたらいいと、テサンに対して言い過ぎてしまう。
ミドが去ってしまうかのような言い方をするので、テサンは火が付いたように怒り、その場を去る。
テサンの怒った姿に驚き、何も言えず呆然と立ち尽くすミド。
偶然やって来たジェヒが、その場面を見ていた。。。

その日ジェヒは、ミドの気分を解き、また夢に一歩近づけてやるために
公演企画分野で有名な人の講演会に、外勤を装ってミドを送る。
ミドは講演を心から楽しむ。
公演企画者の夢を追いかけていた頃の手帳に、講師のサインをもらうミド。
帰りのバスの中、サインを見ながら嬉しそうにしているミド。
ところがうっかりその手帳をバスの中に置き忘れてしまった。
それに気づき、夢のすべてを失ったかのように気を落とすミド。。。
そのことを知ったジェヒが、
夜、バス会社に停めてあるバス一台一台に乗り込んで、手帳を探して回る。
同様に手帳を探しにやって来たミドとばったり会うジェヒ。
ジェヒは見つけた手帳をミドに渡し、二人は和気藹々と話しながらバス会社を出て行くのだが、
ミドが夜遅くにタクシーで帰宅する姿を見て、駆けつけたテサンが、
仲のよい二人の姿を見てしまうのだった。。。

Copyright © 2018 韓国ドラマ あらすじをネタバレサイト All Rights Reserved.