韓国ドラマ 男が愛する時 あらすじ 第12話

韓国ドラマ 男が愛する時 あらすじ 全話は以下からご覧ください

韓国ドラマ 男が愛する時 あらすじ 全話

韓国ドラマ 男が愛する時 あらすじ 第12話

第十二回
ミドの部屋から出てきたジェヒはテサンと鉢合わせる。
ワイングラスが足りないから、とその場をうまく切り抜けるジェヒ。
ジェヒとミド、二人の様子が少しおかしいが、テサンはそれ以上探ることなく
そのまま3人はワインを飲む。

ジェヒはミドに、テサンを愛しているのかと尋ね、ミドはテサンに感謝していると答えるのだった。
ジェヒは、テサンがミドには合わないと忠告しつつ、
昨日のキスはついしたことじゃなく、本心からのキスだと言う。

内定取り消しの連絡を受けたミドは、傷ついた心のまま
テサンを呼び出し、望みの通り採用が取り消しになったと、テサンにぶつける。
テサンは否定するが、ミドの心は揺るがなかった。
自暴自棄になったミドは今週でも来月でも結婚しようと言う。。。

チャンヒは弟ジェヒが恋人にあげようと買っておいた靴をミドが履いているのを見て、
弟の愛する人がミドであることを知り、悩むのだった。

一方テサンに遠ざけられて傷つくソンジュは、仕事上でもテサンのライバルとなる。
その理由を知ろうとジェヒはソンジュに会いに行くが、
そこでソンジュはチャンヒとテサンが取引をしたと嘘の話をジェヒに聞かせるのだった。
それはテサンがボスを殺し、ジェヒに勉強させてやる代わりにチャンヒが刑務所に行く、というものだった。
この話を聞いたジェヒはショックに打ちのめされたまま家に向かう。。。

帰宅したジェヒを前に座らせ、ミドは絶対だめだ、諦めろと話すチャンヒ。
ジェヒはミドがテサンの女であることも知っているが簡単には諦められないと話す。
チャンヒに、二人の間に裏でどんな取引があってそんなぴいぴいしているのかと言ってしまう。
その言葉にジェヒの頬を叩いてしまうチャンヒ。。。
今はまだ言えないけれど、時が来たらすべてを話すと言うチャンヒ。。。

≪スポンサーリンク≫

一方仕事が終わり家に帰ったミドは、家が雨漏りしているのを見た。
また、テサンもミドが自分を誤解していることが嫌でミドの家を訪ね、古くなった家を見る。
テサンは修繕工事の間、ミドの家族に自分の家で暮らすことを提案し、ミドも無表情でそれに従おうとするが、
ミドの父は、テサンが過去自分に屈辱を与えた張本人であるため、それは絶対許せないと反対する。
だが結局テサンの家で暮らすことになったミドの家族。
毎朝温かいご飯とどたばた騒がしい雰囲気に、テサンは喜ぶのだった。
そんな折、チャンヒはわざとジェヒを連れてテサンの家に行き、
ミドがテサンの女であるとジェヒに認識させようとする。
ミドがテサンの家で暮らすことになったと知ったジェヒは、すべてを諦めて香港支社に行こうとする。

最後の別れをしようと、ミドに会いにテサンの家に行ったジェヒ。
バラの花束を渡し、最後に握手を求めるジェヒ。
ミドもまた、ジェヒへの想いが残っているためその手を離せずにいた。
そんなミドの心に気づいたジェヒは、また不意にミドにキスをし、越えてはいけない線を越えようとする。
その時テサンが帰ってきて、二人は大急ぎで服を着るが、
ジェヒは誤ってテサンのワイシャツを着てしまうのだった。。。
うまく言い逃れて帰るジェヒに、テサンは気づかずにいた。。。
だが次の日、テサンはドレスルームで服を選ぶ際に
ワイシャツが一枚落ちていることに気づく。
そのシャツは以前テサンがジェヒにプレゼントしたもので、袖口にはジェヒのイニシャルが刻印されていた。
それを見て今までのすべてのことを推測するテサン。。。
怒りに震えてジェヒのワイシャツを破り捨てるのだった。

Copyright © 2018 韓国ドラマ あらすじをネタバレサイト All Rights Reserved.