韓国ドラマ 男が愛する時 あらすじ 第14話

韓国ドラマ 男が愛する時 あらすじ 全話は以下からご覧ください

韓国ドラマ 男が愛する時 あらすじ 全話

韓国ドラマ 男が愛する時 あらすじ 第14話

第十四回
テサンはミドとジェヒの話しているところが映った映像を見て
屈辱的な気持ちでミドの部屋に入るが、ミドは寝たふりをするのだった。。。
涙を流しながらハンドルを握るテサン。
車を走らせながら、獣のように大声で泣く。。。

テサンは誰にも連絡をとらず、皆が心配して探すのだが、
ジェヒは社長にすべてを話したと、兄チャンヒに言うのだった。
チャンヒはミドに会いに行き、テサンの気持ちを伝えるが、
ミドはジェヒのことが好きだと言う。
ミドの言葉を聞き、ジェヒの心を揺さぶらないでほしいと話すチャンヒ。。。
チャンヒはジェヒに、ミドとの関係を整理するよう言うが、
ジェヒはこの投資の件がまとまったらアメリカに発つつもりだと話す。
テサンは失恋の傷に打ちのめされ、誰の電話も取らず一人酒を飲み
ミドとの思い出を思い出しては苦しむのだった。。。
このときミドの母から電話が来る。その電話をとるテサン。
夕飯を家族みんなで囲む席を設けると話しながら、ミドの浅はかな行動をわかってやってほしいと言うのだった。。。

一方、心を決めたミドはジェヒと会って本格的にアメリカに行く計画を立てる。

チャンヒはテサンがいるところを突き止め、テサンの元を訪ねるが
テサンはチャンヒの目をまともに見ようとせず、チャンヒはテサンの顔色ばかり気にするのだった。
そんな折カメラに撮られたジェヒとミドの映像を目にする。
この映像のためにテサンが受けた傷の深さを思い、テサンを慰労しようとするが。。。

ク・ヨンガプはテミンという青年を連れてテサンの母が経営する小さな食堂にやってきて
テサンの母の反応をうかがう。

≪スポンサーリンク≫

一方テサンとミド一家の重苦しい夕食の場。
ミドの母はテサンの口から結婚話が出ると思っているのだが
テサンの口から出てきたのは、ミドを手放す考えでいるという言葉。ミドの母は残念がるのだった。
ミドはまだ結婚する計画はないと言いながら
夢をかなえるためにアメリカに行くつもりだと話す。
その話を聞いたテサン、夢のため気をつけてアメリカに行って来いと言い
ミドをきれいさっぱり諦めたようなのだが。。。

ミドは出て行くテサンを呼び止め、カップルリングを渡す。
テサンを二度殺すようなミドの行動に、
テサンは指輪を売り飛ばすように言うのだった。
自分の年収よりも高いものだからと。。。
そして、お前がいなくなったらいいのにと言う。

ペンションで過ごすテサン。
ミドへの思いに占められてか、幻聴まで聞こえてくるようになっていた。。。

ソンジュは また何かを探ろうと、ジェヒに会おうと言い
アジアスターのジャン・ジミョン会長の息子と契約を結ぼうとしていることを知って、
副会長について尋ねる。
その副会長というのが実は、死んだと思われていたテサンの弟、ハン・テミンなのだった。
ミドは香港へ向かうジェヒを見送りに行き
今日は辞職願を出すつもりだという話をする。
二人は、夜に電話をしようと約束をしながら名残惜しげに別れるのだった。

チャンヒはテサンの元を訪ね、義兄弟の縁を切ることは出来ないと話し、
すべてのことを元通りにしたいと言う。
テサンはもう、引き返せない河を渡ったのだと言い、
お前の弟が愛する女を殺すことが出来るかと聞く。
チャンヒはその言葉を聞いて何かを決心したように計画を立て、準備を始めるのだった。。。

ソンジュはテサンの別荘にやってくるが、自暴自棄ですっかり気の抜けたテサンを見て
そのまま帰ってしまう。
その途中チャンヒを見かけ、二人は挨拶を交わし別れるのだった。
チャンヒはミドに電話をかけ、テサンの誤解を解いてほしいと誘引し
ミドは仕方なくテサンの元へ行く。
ミドがテサンの元へ向かう途中、ジェヒから電話が来るが、後でまた電話すると言って切るミド。
チャンヒに電話をしてみるがチャンヒは電話に出ず、テサンに電話をしてみるのだが
テサンも葛藤の末ミドの電話には出なかった。。。
チャンヒは夜道を迷い歩くミドに向かって疾走しミドを轢いてしまう。
病院に運ばれたミドはこん睡状態に陥る。
テサンは電話でミドが交通事故にあったことを知り、病院に駆けつける。
弟を愛するチャンヒの忠誠心がミドを傷つけたことを直感するテサン。。。
ジェヒにもミドが交通事故にあったという知らせが入り、
ジェヒは茫然自失。すぐに帰国してきて病院に駆けつけるのだった。。。
テサンは横たわるミドを見ながら涙を流すのだが。。。

Copyright © 2018 韓国ドラマ あらすじをネタバレサイト All Rights Reserved.