韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ8話

韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ8話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ1-7話はこちら

韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ1話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ2話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ3話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ4話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ5話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ6話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ7話
鮫(サメ)~愛の黙示録~ キャスト
ヨシムラ・ジュン
ハン・イス : キム・ナムギル(「善徳女王」「赤と黒」)
チョ・ヘウ : ソン・イェジン(「私の頭の中の消しゴム」「恋愛時代」)
オ・ジュニョン : ハ・ソクジン(「Dr.ギャング」「負けたくない!」)
チャン・ヨンヒ : イ・ハニ(「パスタ~恋が出来るまで~」)
ハン・イヒョン : ナム・ボラ(「ロードナンバーワン」)
キム・スヒョン : イ・スヒョク
チョ・サングク : イ・ジョンギル(「復活」「白い巨塔」「天使の選択」)
チョ・ウィソン : キム・ギュチョル(「復活」「魔王」)
ピョン・バンジン : パク・ウォンサン
ハン・イス(子役) : ヨン・ジュンソク
チョ・ヘウ(子役) : キョン・スジン
オ・ジュニョン(子役) : ノ・ヨンハク
ハン・ヨンマン : チョン・インギ(「風の絵師」「あなたを愛してます」)
STAFF
監督 : パク・チャンホン(「復活」「魔王」)
脚本 : キム・ジウ(「復活」「魔王」)

韓国ドラマ 鮫(サメ)~愛の黙示録~ 相関図

68ccdebfb24cd6bf1448a2c21b16832e-02c66

韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ第8話

第8話 「真相を求めて」

イスを想って泣くヘウの元にジュン(イス)が近づいて来る。

ジュンとイスの姿を重ねて歩み寄るヘウだが、気を失ってしまう。

目を覚ましたヘウは、イスも見たであろう海を見に行く。

「イスが生きていることが嬉しいのにこんなことになってイスに申し訳ない」というヘウ。

ジュニョンの元に戻ったイスは、イスが生きていることを告げる。

ヘウを心配するジュニョンは、今のイスは昔のイスとは違うからと事件から手を引くように言う。

一方、イヒョンはサングクを訪ねて来ていた。

そこでイスの事件現場に落ちていた鍵の番号が違っていた話をする。

引き出しから例の書類を取り出したサングクは、1ページ抜けていた理由に気づき、誰かに電話をする。

同じ頃、誰かと通話するイス。

「写真を渡せ。チョ・サングクの手に渡る前に」

チョン・マンチョルの事件が落ち着いて嬉しそうなウィソン。

オ地検長がヘウは諦めないだろうと伝えると、正直な意見だと喜ぶウィソン。

呆れて席を立とうとしたところ、韓国に戻ったジュニョンが現れる。

ジュニョンは父の様子が気になるようだ。


≪スポンサーリンク≫


イヒョンが働くカフェをまた訪ねるイス。

急に鼻血を出したイヒョンを心配して病院に行くように勧めるが、鼻血で病院に行くなんてと笑われてしまう。

しかしピョン刑事と妻も最近鼻血をよく出すイヒョンの体を心配していた。

ヘウは仕事に復帰し、キム係長にイスの事件の捜査を依頼する。

溜まった仕事に取り掛かっているとイスから電話が入る。

イスは、沖縄で倒れたヘウの様子を心配したという。

明日ヘウの家を訪問するというが、ヘウは仕事で会えないだろうと答える。

ヘウはピョン刑事にイスが生きていることを伝える。

まだ信じられないピョン刑事だが、イスが生きていると仮定して捜査をすることにした。

イスがイヒョンに接触したはずだと言うと、ピョン刑事は天体望遠鏡のことを思い出す。

そして天体望遠鏡を送った会社を見つけ出したが、誰かに頼まれて送ったという。

連絡先を聞き出し、依頼者のもとを訪ねるピョン刑事とヘウ。

依頼者はカン・ヒスの教え子で、彼も誰かに頼まれたが連絡先も知らないという。

イスは母校の図書室を訪れ、ヘウとの思い出に浸っている。

同じように図書室に来て、イスを思い出すヘウ。

イスは物陰に隠れてイスの様子を窺っていた。

ジュニョンはオ地検長に、息子である自分がカヤホテルで働いていることが、地検長である父のイメージダウンに繋がることをいつも申し訳なく思っていると打ち明ける。

オ地検長は自分がどう見えようとジュニョンさえ良ければよいと温かい言葉を掛ける。
 
父と別れたあとドンスと飲みにきたジュニョンは、イスの運転手をしているという話に驚く。

ヘウは、イスの12年前の写真を沖縄の老人に見てもらい、例の少年かどうか確認するよう依頼する。

確認した老人は「どこか雰囲気は似ているが、顔が違うのは確かだ」という。

カヤホテルのロビーを歩いていたヘウは、前を歩くイスが肩を気にしているのに気が付く。

老人の「少年は肩と足が不便なようだった」という言葉を思い出し、そしてイスの今までの行動を思い返し不審に思うヘウ。

イスに近づき、「あなたは誰?」と問いかける。

イスは「私が誰なのかは、あなたがよく知っているはずだ」と答えた…

Copyright © 2018 韓国ドラマ あらすじをネタバレサイト All Rights Reserved.