韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ16話

韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ16話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ1-15話はこちら

韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ1話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ2話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ3話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ4話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ5話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ6話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ7話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ8話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ9話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ10話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ11話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ12話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ13話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ14話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ15話

韓国ドラマ 鮫(サメ)~愛の黙示録~ 相関図

68ccdebfb24cd6bf1448a2c21b16832e-02c66

韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ第16話
第16話 「砂の城」

ヘウの言うことが何のことか分からないとぼけるサングク。

「ヘウに恥ずかしくない人間になろうと今まで最善を尽くして生きてきたのに…」と嘆く。

「いくら巨大でも嘘で固めた砂の城はいつか崩れます。私が証明してみせます」と宣言して書斎を出ていくヘウ。

イスの携帯の位置がまた表示されているのに気付くと、ジュニョンを振り切ってその場所に向かう。

ピョン刑事も同じ場所に向かっていた。


≪スポンサーリンク≫


犯人に、車に乗って海に入るよう指示されたイスは時間を稼いでいた。

イスの合図でキム係長が発砲すると、それに驚いた犯人の隙を狙ってイヒョンを救い出す。

しかし犯人が放った弾がイスの首をかすめてしまう。

キム係長の隙を狙って犯人は妻が乗った車を奪って逃走する。

パトカーの音が近づいてきて、イスたちもその場を離れる。

感動の再会をしたイスとイヒョン。

途中でイスは降り、キム係長はイヒョンを家まで送って行く。

イスがまた携帯の電源を落としたことで場所が分からず立ち往生していたピョン刑事。

携帯に「イヒョンは無事です。もうすぐ家に着きます」とメッセージが届く。

ジュニョンが家でヘウのパソコンに入っているキム・ジュンのプロフィールを眺めていた。

今までのことを思い出し、キム・ジュンがイスだと分かったようだ。

イヒョンが助かったと聞き、自分の家に戻ってきたヘウ。

車から降りる前にイヒョンからイスが怪我しているという話を聞き、また車を発進させる。

ジュニョンは部屋の窓からそれを眺めていた。

家に戻ったイスはチャン秘書に手当てを頼んだ。

キム係長の報告によると古本屋の主人チェ・ビョンギは妻を施設に置いて姿を消したという。

イスはサングクがチェ・ビョンギを始末するのを恐れる。

戻って来たイヒョンに事情を聞くピョン刑事。

犯人は「書類を持って来るように」「チョ検事を利用するな」と言っていたという。

話を聞き終わったピョン刑事は、公園にイスを呼び出す。

ピョン刑事はこれ以上罪を重ねないように言うが、イスは全て終わったらピョン刑事のもとに行くという。

帰ろうとするイスに謝るピョン刑事。

「12年前自分がもう少し早く到着していれば、イスが不幸になることはなかったのに。本当にすまない。そしてありがとうイヒョンを助けてくれて」

「礼を言うのは私のほうです。イヒョンを明るく育ててくださってありがとうございます。」

イスが部屋に戻るとドアの前にヘウがいた。

イスに無視されて帰ろうとしたヘウを引きとめて抱きしめたイス。

気弱な声で「行かないで…」とささやく。

ジュニョンはイスのマンションの下まで来ていた。

それをヨシムラ会長の側近が見守っている。

ジュニョンがイスの部屋の前まで来ると、ヘウが部屋から出てきた。

驚いたジュニョンはとっさに隠れる。

呆然とした表情でその場を立ち去るジュニョン。

ヘウはマンションの入り口で、父の不倫相手イ・ファヨンに会う。

12年前、ヘウが言った言葉が今でもファヨンの心の傷として残っているという。

自分も同じようなことをしていることに気が付いたヘウはショックを受ける。

ヨシムラ会長は、ウィソンに例の書類の原本が入ったUSBを渡す。

ウィソンは社長室のパソコンで中を確認し驚く。

ヘウが家に戻ると、明かりをつけずにジュニョンが座っていた。

ヘウは仕事場に行っていたと嘘をつく。

冷たい態度のジュニョンに、ヘウは話をしようとするが、今は聞く気になれないと出て行ってしまう。

パク女史は、ウィソンの実母の居場所と思われる住所をヘウに渡す。

ヨシムラ会長はチャン秘書に、イスとヘウがキスしている写真を新聞社に送るように指示する。

翌日、写真を受け取った新聞社の編集長は、キム・ジュンとヘウだということに気づく。

誰かがサングクに写真のことを報告する。

ピョン刑事はイスから拉致の犯人がチェ・ビョンギだと知らされていた。

それをピョン刑事から聞いて驚くヘウ。

イスの携帯に、ヘウとキスしている写真が送られてきた。

落ち着かない様子のイスのもとにサングクから電話が入る。

サングクは、写真が外に出ればヘウの立場が悪くなるとイスを脅迫する。

イスはヘウが不幸になるのを誰よりも望んでいるというが、サングクは笑っている。

「果たしてそうかな?他のものはだませても、愛はだませないものだから」

Copyright © 2018 韓国ドラマ あらすじをネタバレサイト All Rights Reserved.