韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ17話

韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ17話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ1-16話はこちら

韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ1話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ2話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ3話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ4話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ5話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ6話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ7話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ8話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ9話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ10話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ11話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ12話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ13話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ14話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ15話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ16話

韓国ドラマ 鮫(サメ)~愛の黙示録~ 相関図

68ccdebfb24cd6bf1448a2c21b16832e-02c66

韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ第17話

第17話 「“影”と呼ばれた男」

ヘウは君の弱点だ、私のではないというサングク。

イスは写真を公開すれば文書を公開するというが、文書はヨシムラ会長が作り出した空想小説だ、写真は当分自分が保管すると答えるサングク。

サングクはチェ・ビョンギにイスの協力者を探すように依頼する。

イスは写真が撮られた日に尾行してきた男の「あの女に気をつけろ」という言葉を思い出す。

男を問い詰めると、あの女とはチャン秘書であることが分かりショックを受けるイス。

自分の部屋で盗聴器を発見するが、またもとの位置に戻す。


≪スポンサーリンク≫


ジュニョンがイスを呼び出す。

イスに殴りかかるジュニョンは、ヘウを利用していることを責める。

「ヘウを道連れにするな。お前に見せることができる友情はここまでだ。これ以上は絶対に許さない」

ドンスはヨシムラ会長とチャン秘書の会話を偶然聞いてしまう。

チャン秘書がイスを監視しているという話だった。

ヘウは書類を渡すようイスに言うが、ヘウを信じられないと言って断る。

キム係長にサングクの通話記録を調べさせていたヘウ。

サングクが留守の間に書斎の電話から通話記録にあった身元未詳番号に電話を掛ける。

チェ・ヨンギが電話を受けるが何も話さない。

帰って来たサングクはヘウに話があるという。

イスとの写真の件だった。

キム・ジュンに利用されてはいけない、ジュニョンのことを考えろというサングクの言葉に心を痛めるヘウ。

ヨシムラ会長はイスに自分の父親の話をする。

サングクの幼馴染で、サングクがチョン・ヨンボであるということを知っていた。

そのため両親はチョン・ヨンボに殺されたが、父が残したノートにチョン・ヨンボのことが書かれていたという。

早く話してくれればヨシムラ会長のことを疑ったりしなかったのにというイス。

イスはウィソンに電話して、ウィソンにホテル事業の決定権がないことを指摘する。

怒ったウィソンは、サングクにチョン・ヨンボの話を出して自分にホテルの全権を譲るように脅す。

ヘウの1ヶ月後の転勤が決まった。

チェ・ビョンギと通話した携帯位置を調べさせていたヘウ。

その場所に向かうと、イスが現れる。

イスは、サングクがヘウを始末するのではないかと心配で見に来たのだった。

「俺の計画を完成させるのは君だ。だから君は傷ついてもいなくなってもダメだ。自分で自分の身を守れ」

サングクは、イスの協力者がキム係長であるという報告を受けて驚く。

ピョン刑事は警察の先輩にチェ・ビョンギのことを尋ねる。

空白の8年間はナミョンドン(南栄洞)の公安分室で拷問官をしていたことを聞く。

ヘウとピョン刑事は、カン・ヒスが学生運動で投獄された時期とチェ・ビョンギが拷問官であった時期が重なっていることから、カン・ヒスを拷問していたのがチェ・ビョンギである可能性が高いと推測する。

しばらくの間外出禁止令を出されたイヒョン。

キム係長にお願いしてイスの家に連れて行ってもらう。

イヒョンはスパゲッティを作ると張り切っていて、イスも嬉しそうにしている。

そんなとき、チェ・ビョンギからイスに電話が入る。

今すぐ古本屋の引き出しを見ろという。

イヒョンをキム係長に任せて古本屋に来たイス。

引出しから出てきた本の間に1枚の写真が挟まっていた。

チェ・ビョンギとイスの父ハン・ヨンマンが笑顔で写っている写真だった。

イヒョンを家まで送り中に入るのを確認したキム係長。

チェ・ビョンギに後ろから拳銃を突きつけられてしまう。

カン・ヒスの精神科医に会いにきたヘウ。

カン・ヒスが口にした名前を尋ねるが、拷問官は別名で呼ばれていたため、直接名前を口にしたことはないとのこと。

「カン・ヒスさんが最も恐れた拷問官は”影”と呼ばれていたようです」

Copyright © 2018 韓国ドラマ あらすじをネタバレサイト All Rights Reserved.