韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ19話

韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ19話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ1-18話はこちら

韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ1話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ2話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ3話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ4話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ5話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ6話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ7話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ8話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ9話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ10話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ11話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ12話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ13話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ14話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ15話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ16話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ17話
韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ18話

韓国ドラマ 鮫(サメ)~愛の黙示録~ 相関図

68ccdebfb24cd6bf1448a2c21b16832e-02c66

韓国ドラマ 鮫(サメ) ~愛の黙示録~ あらすじ第19話
第19話 「危険な取引」

~12年前~

カン・ヒスのアパートの前で、ハン・ヨンマンが影だと気づいたカン・ヒス。

怯えるハン・ヨンマン。

「あなたがどんな人間かあなたの子供は知っているのか?」という言葉を聞いたハン・ヨンマンはカン・ヒスの首を絞めて殺してしまう。

カン・ヒスを殺そうとクローゼットに隠れていたチェ・ビョンギはそれを見ていた。

~現在~

チャン秘書は車で出かけるイスを見掛けてイスの部屋に入ってみると拳銃がなくなっていた。

イスが電話に出ないためチャン秘書に電話したヘウは、イスが拳銃を持って出て行ったことを聞く。

サングクの家に現れたイス。

書斎に入ると鍵をかけ、サングクに銃を向ける。

そこにヘウが到着。

ドアの外から聞こえるヘウの言葉に揺れるイス。

今死んでも心残りはない、私を撃てというサングク。

イスが引き金を引くが、打ったのは後ろの窓ガラスだった。

「あなたには楽に死ぬ資格はない」

イスが書斎から出てくると、サングクに駆け寄るヘウ。

ヘウの頬をたたいたサングクは、今までお前を信じいたのにと嘆く。

辛そうに泣いているヘウをパク女史が慰める。

ピョン刑事がカン・ヒスの事件を推理していた。

ハン・ヨンマンはカン・ヒスを殺害した時に文書を手に入れた。

ハン・ヨンマンは殺害される直前に真実を明らかにすると言っていたのは、文書のことではなく、カン・ヒス殺害のことを自白しようしていたのではないか。

そして会わなければならない人とはカン・ヒスの家族ではないか。

それは違うとキム係長は否定する。

イスはジュニョンの秘書からUSBを受け取る。

ウィソンの国内の借名口座と、海外の借名で買った建物、ペーパーカンパニーの内容が入っているという。

ジュニョンの秘書は海外へ高飛びするようだ。

キム係長はサングクに取引を持ち掛ける。

50億と引き換えにハン・イスを始末するというキム係長。

お金はチェ・ビョンギに持ってこさせれば、チェ・ビョンギも自分が始末するという。

サングクはイスが死んだという証拠を出せば金を渡すと約束する。

イスはまたロバート・ユンを訪ねる。

「影という拷問官が私の父です。父の遺品がクドゥン駅のロッカーにありました。教授と一緒に投獄された方の中にその付近に住んでいる方はいませんか?」

ジュニョンにイスとヘウのキスの写真を見せるサングク。

「この写真を流したのはキム・ジュンだ。ヘウはもう私の言うことを聞かない。君が説得してくれ」

イスは家に戻り、ロバート・ユンの話を思い出していた。

キム係長もロバート・ユンの元を訪ねてイスの父が影だということを知ったことに気付く。

そのとき蓋のしまった拳銃のケースが目に入る。

盗聴器を確認するとなくなっていた。

ヘウがイスの部屋を訪ねて来た。

ヘウは顔を見ただけで帰ろうとするが、イスは中に引き入れてキスをする。

「ここへはもう来るな」というイスに、「明日また来る」と帰って行くヘウ。

マンションの外に出るとジュニョンが待っていた。

「私はオッパを待たせて傷つけて苦しませた。これ以上苦しませたくない。」

「永遠にお前の心の中にイスがいたとしても、俺はお前を手放すことはできない。」

ウィソンの隠し財産について検察に通報があった。

報告を受けた検察の幹部はジュニョンに知らせる。

ジュニョンから知らされたウィソンはサングクにもみ消してもらおうとする。

サングクはすでに検察幹部と話をつけていた。

「今まで誰に守られていたかわかったか」とサングク。

イスはロバート・ユンから聞いたクドゥン駅近くの家に来ていた。

ハン・ヨンマンは、この家にいる老婆の息子を拷問して殺してしまったという。

老婆は死んだら許すと言ったが、小さい子供がいるから死ぬことはできないと言ったそうだ。

12年前、老婆の息子の命日に「最後に挨拶しにきました」と泣きながら言うのを見て、ハン・ヨンマンの苦しみを知ったという老婆。

息子のように死んでいった可哀そうな子どもたちのことを世の中の人たちに知らせてほしいとイスに頼む。

イスと夜に会う約束を取り付けたキム係長。

サングクに今日決行することを報告する。

チャン秘書はヨシムラ会長の部屋に忍び込んでUSBを持ち出す。

それをドンスに頼んでヘウに渡した。

中身はチョン・ヨンボの秘密の文書。

渡した理由はヘウなら全てを終わらせることができると思ったからだという。

イスは同じデータを持っているが、ヘウを傷つけないように渡さないはずだからと。

ヘウはその文書を友人のコ記者に渡し、記事にするよう依頼する。

コ記者は編集部に戻って記事にしようとするが、上司に止められてしまう。

カン・ヒスの息子を探しに孤児院まで来たピョン刑事は、キム係長が息子だと知って驚く。

すぐにヘウに電話してイスの父が自分の父を殺したことを知っているからイスに復讐するかもしれないと知らせる。

イスと約束の場所に向かうキム係長。

それをサングクの雇った若い殺し屋が尾行している。


≪スポンサーリンク≫


河川敷に到着したキム係長は、待っていたイスに拳銃を向ける。

携帯の位置情報から近くの橋までやってきたヘウとピョン刑事は、橋の下に2人の姿を発見する。

急いでその場に向かおうとすると、銃声が響き渡り、ふらついたイスが川に落ちていくのが見えた。

殺し屋が見ているのを確認してから、車でその場を去るキム係長。

サングクは報告を受けて嬉しくてたまらない様子だ。

河川敷に到着したヘウとピョン刑事。

イスは見つからず、サメのペンダントが落ちていた…

Copyright © 2018 韓国ドラマ あらすじをネタバレサイト All Rights Reserved.