韓国ドラマ 追跡者(チェイサー) あらすじ 全話

追跡者(チェイサー)あらすじ
米ドラマの名作「逃亡者」を彷彿とされる社会派サスペンスドラマ

真の勝者は《権力》か、《正義》か
悪いところは隠すという、現代政治社会の裏を見事に表している

このドラマはありがちなアイドル俳優はおらず、
実力派俳優だけで固められており
回を重ねるごとに視聴率が上がっていくという
本物のヒット作となっている

ソン・ヒョンジュはこの作品により
2012年SBS演技大賞、男性最優秀演技賞等、数々の賞を受賞

追跡者(チェイサー) あらすじ

江北警察署の強力班刑事ペク・ホンソク(ソン・ヒョンジュ)は
最愛の娘スジョンや妻と共に平凡な暮らしを送っていた
しかし、娘のスジョンがひき逃げに会い、重体となってしまう。

そのひき逃げ犯は、人気歌手、PKジュンと密会中だったソ・ジス(キム・ソンリョン)
彼女は次期大統領最有力候補であるカン・ドンユン(キム・サンジュン)の妻だった

カン・ドンユンは、大統領選への出馬を妻の父であるソ会長(パク・クニョン)に
反対されていたが、この事件を逆手にとって出馬を決行

カン・ドンユンは、重体だったスジョンの意識が戻ったことを知ると
マスコミに不評を書かれることを恐れ、医師を脅迫し、薬物を使って殺してしまう

娘の突然の死を不審に思ったホンソクは独自で捜査を開始。
PKジュンを犯人だと突き止める。
裁判まで持ち込むが、PKジュンは無罪となってしまう

また、判決の場で娘をあざ笑うPKジュンを、銃で撃ち殺してしまうペク・ホンソク

追われる立場となりながら、真実を暴く為、立ち向かっていく

韓国ドラマ 追跡者(チェイサー) 視聴率

1回目は人気が出ず、1桁台の視聴率でスタートした追跡者〔チェイサー〕だが
回を追うごとに視聴率はのびていった
後半は常に20%を超えており
最終回視聴率22.6%となった

韓国の現代の政治や現実社会の風刺と重なり国民の心をつかんだ結果だ
「ドラマが現実の政治を語ってくれているわけですね。
全くみじめな現実です。国民を愚か者扱いする屑(くず)のような政治家たち!!!」
と、放送終了後に書き込みがあったくらいだ

韓国ドラマ 追跡者(チェイサー) キャスト

 ペク・ホンソク・・・ソン・ヒョンジュ
     (「お隣さんは元ダンナ」「ソル薬局の息子たち」)
       ソン・ミヨン(ホンソク妻)・・・ソン・ミヨン
       ペク・スジョン(ホンソク娘)・・・イ・ヘイン
       ファン・イルグァン(ホンソク上司)・・・カン・シニル
       チョ・ナムスク(ホンソク後輩)・・・パク・ヒョジュ
       ユン・チャンミン(ホンソク友人、医師)・・・チェ・ジュニョン

       カン・ドンユン・・・キム・サンジュン
        (「シティハンター in Seoul」「私の男の女」)
       ソ・ジス(ドンユン妻)・・・キム・ソンリョン 
        (「イルジメ[一枝梅]」「シンドローム」)
       ソ会長(ジス父)・・・パク・クニョン
       ソ・ジウォン(ジス妹)・・・コ・ジュニ
       シン・ヘラ(ドンユン秘書)・・・チャン・シニョン
        (「太陽の花嫁」「家に帰る道」)
       PKジュン・・・イ・ヨンウ
       カン・ミンソン(ドンユン息子)・・・ナム・ダルム
       ソ・ヨンウク(ソ会長の息子)・・・チョン・ノミン

       チェ・ジョンウ(検事)・・・リュ・スンス
       パク検事・・・ソン・ヨンギュ
       ユ・テジン(議員)・・・ソン・ジェホ
       チャン・ビョンホ(弁護士)・・・チョン・グクファン
       ペ・ギチョル(常務?ドンユンの部下)・・・大谷亮平
       ヨンシク(賭博場のオーナー?)

スタッフ

演出:チョ・ナムグク(「お隣さんは元ダンナ」「ガラスの城」)
    チョ・ヨングァン(「野王」「私の期限は49日」)
脚本:パク・ギョンス(「太王四神記」「我が人生のスペシャル」)

韓国ドラマ 追跡者(チェイサー) 相関図

138425129310728782228

韓国ドラマ 追跡者(チェイサー) 無料動画は下記からご覧いただけます

≪スポンサーリンク≫

韓ドラ 追跡者(チェイサー) あらすじ全話はこちら

Copyright © 2018 韓国ドラマ あらすじをネタバレサイト All Rights Reserved.