韓国ドラマ ナイン~9回の時間旅行 あらすじ 第9話

韓国ドラマ ナイン~9回の時間旅行 あらすじ全話はこちらから
↓ ↓ ↓
韓国ドラマ ナイン~9回の時間旅行 あらすじ 全話

ナイン~9回の時間旅行~ 第9話あらすじ

1992年 12月31日 午前10時
ソヌの父、パク・チョンスの葬儀会場
そこに、母ユジンに連れられてシアがやってくる

参列していた男たちの会話
「もう葬るのか?もっと調べるべきじゃ?」
「放火かも、副院長が怪しいらしい」
そこにチェ・ジンチョルが
彼を見て目を見開き、震えながら挨拶をするチョンウ
「震えるな、落ち着け。私は警察に疑われている
余計なことを言うなよ」とチョンウの肩をたたく
お悔やみを述べるジンチョルに、母ミョンフィはささやく
「人に見られました、忘れてましたが男の人に見られたんです
どうしましょう」

2012年12月31日 午前10時
車の中で当時のことを思い出すジンチョル
「そうだ、あの時 誰かが来たと言ってた
誰だったかな」

1992年12月31日
人目につかない場所で話をするジンチョルとミョンフィ
「なぜ今になって その話を?誰ですか?」
「わかりません
でも、あったことのある人です」
「どこで?病院の人間?」
「いいえ、映画館で」
「映画館?」
ミョンフィは、イブの夜の映画館での出来事を話す

2012年12月31日 車の中のジンチョル
「そうだ、メガネを直してくれたと言ってたっけ
通報か脅迫でもされるかと心配してたが、何もなかった
1ヶ月経ち、1年経っても、何もなかったから忘れてた
20年経ってソヌに映像を渡したのは、そいつか?
一体どういう男なんだ」
ジンチョルの車は、報道陣が待ち受ける検察庁に到着する

レポーターの声
『チェ・ジンチョル会長が検察に出頭しました
今日から検察が研究所を家宅捜索し、関係者が召喚される見通しです
特にチェ会長とパク・ソンヒョン研究所長の対質尋問の結果に注目が集まっています』
と車を降りたチェ・ジンチョルは、記者たちに囲まれながら建物の中に入っていく

ソヌの家、ベッドで眠るソヌ
ミニョンを車まで送りながら、「疑わなくても大丈夫」とヨンフン
「疑って当然の状況じゃ?」と、彼の言葉を信じていない表情のミニョンに、
ヨンフンは続けて、「ちょっと言いにくいんです、女性にはね」
「バイアグラの話を信じろと?」
「そうじゃなくて、どう言えばいいんだ?
失恋して苦しんでるんです
今頃 思春期かな
だから情緒不安定でヤケ酒を飲んだ、気にしないで」
「失恋?彼女の名字は“チュ”?
私に変なことばかり言うけど私と同じ名前?」
思わず一瞬黙り込んでしまったヨンフンだが、すぐに
「一緒に釣りにでも行こうかと
ほっといてやって、俺は医者なのに疑うなんて心外だな」
「浮気には向いてませんね
嘘が下手だから、すぐバレそう」
「そう見える?俺は演技派なのに」
「それじゃ」と納得しないまま車に乗り込むミニョン
沈鬱な表情で彼女の車を見送るヨンフン、そこに車が手配していた救急車が到着する

車の中で、自分をチュ・ミニョンと呼び涙していたソヌを思い出すミニョン

その頃ソヌは、ヨンフンに付き添われ病院へ向かっていた
そこにミニョンからヨンフンに電話がかかってくる
「まだ気になることが?」
「ハンソ病院の患者名簿に叔父の名前はありませんでした
仮名で薬を処方したんですね?そうでしょ?
お二人の秘密ならもう質問しません
でも必要な時には教えてください
私は家族だから。お願いします」
「そうします」とヨンフン

1992年、ソヌの病室
そこにチョンウがやって来る
「兄さん」と目に涙をためながら呼ぶ
「具合は?」
「僕が早く行ってたら・・・父さんを助けられたのに」と涙ぐむソヌ
チョンウは、ソヌの顔を正視できない

2012年、病院で退職願を印刷するチョンウ
そこにミニョンが現れる
「朝ごはんも食べてないの、お昼おごって」

レストランで食事する二人
「叔父さん ひどい、父さんを殴るなんて
殴り返せばよかったのに」
「食事もせず何してた?」
「叔父さんの家へ。ケンカの理由は秘密だって
だから、母さんと推測してみたの
母さんはね、“父さんから株の情報を聞いて、叔父さんが投資した挙げ句大損したのかも
お金の問題くらいしか殴る理由がない“って」
「母さんは勘が悪い」
「そうよね、私も違うと思った
でも母さんが知りたがって質問攻めにするだろうから、株のせいにしておいた方がいいわよ
どう?すごい大損なら母さんも叔父さんを許すわ
母さん、本当にカンカンなのよ」
「ああ、そうしよう」
「娘の私以外に誰が解決できる?」
「放送局に行くんだろ?食べろ」
「ええ、父さんも」
「ああ、食べてる」といってクッパを混ぜるだけでなかなか口に運べずにいる

病院でチョンウと別れたミニョン
そこにカン・ソジュンが車から降りてくる
「ミニョンさん!わぁ、僕に会いに来てくれたの?」
「今日は休みじゃ?」
「それを知ってたなら、僕に会いに来たんじゃないね」
「父に会いに来たの」
「ぼくは両親が病院を見たいと・・・
そうだ、僕の両親
よかった、挨拶するチャンスだ」
「ろくにお化粧もしていないの」と言うミニョンに構わず、ソジュンは彼女を両親に紹介する

振り返って遠くからその様子を見つめるチョンウ

「母さん、ミニョンさんだよ」
「会えてうれしいわ」と車を降りるソジュンの両親
「こんにちはソジュンの父親です」
「はじめまして、パク・ミニョンです」と元気にあいさつする
「すごいタイミング、父が会いたがってて呼べと言われてたんだ」
「綺麗だ」「実物のほうがはるかにね」と父の言葉にソジュンが付け加える
「一緒にお昼を食べに行けないかしら?」とソジュンの母
「今 食べたばかり・・・
いいえ、食べます!量が少なかったので、まだ余裕が」とミニョン
そこに、チョンウが「ミニョン!」と声をかける
驚くミニョン、そしてソジュン
「気づかなかった、ミニョンさんのお父さん」とソジュン
「あなたの話 してないの」
「今話せばいい。両家で挨拶できてよかった」とソジュンは、ジョンウに挨拶を
「神経外科のカン・ソジュンです」
チョンウはミニョンの顔を見る

病室に運ばれ、治療を受けるソヌ
「痛いでしょう?血圧があがっていました」
「ここはハンソ病院?」とソヌ
「いいえ、ミョンジン大学病院です
ご友人のハン・ヨンフン先生に頼まれたんです」
「彼は?」
「手術の打ち合わせを
あなたの腫瘍摘出手術です
ハン先生が手術同意書に本人のサインをもらえと
大丈夫ですか?」
同意書を見ながら、「ムダなのに、あいつ」とつぶやく

会議室、ソヌの頭の写真を前に、首をかしげる医師たち
「進行が速すぎるぞ、違う写真じゃ?
見ろ、左は1か月前、右は今日の午前中の画像だ
こんなに進行するなんて考えられない」
「だから、すぐ手術を」とヨンフン
「不思議だ、比べてみろ
午前と午後でも違う
あそこが広がってる、肉眼で見えるだろ
まるで時間を早送りしたようだ
初めてのケースだな、ダメだ
明日なにかあってもおかしくない状態だ」
「友達なんです、このまま逝かせられません」
「今まで放っておいて、責任をとれなくなったから連れて来たのか?
主治医なのに、何してた?」
「簡単に治せる奇跡みたいな方法があって、待ってたら結局こうなりました」
「腫瘍を簡単に治す方法?迷信でも信じているのか?
何を期待してた?奇跡みたいな方法?それでも医者か?」
「ごもっともです、どうかしてました
何を期待してたのか・・・、私は医者なのに」とヨンフン

手術同意書にサインし、電話を見つめるソヌ

オフィスで、ミニョンからの電話を受けるチョンウ
「驚いたでしょ?黙っててごめん」
「交際期間は?母さんも知らないのか?
彼は腕がいい、お前が好きなら賛成だ」
「そういうと思った
また家で話すわ。今からポシンガクの取材なの、じゃあね」
電話を終え、退職願のサインを仕上げたチョンウは、引き出しから注射を取り出す
そこに、ソヌから電話がかかってくる
「言っておくべきかと、話し合いたくはない
俺の話をただ聞いてほしい
兄さんを永遠に許せそうにない
許せるような問題じゃないだろ
ひとつだけ頼みたい、みんな兄さんの犠牲になった
その責任を果たせ
薬物に依存するな
うつ病に打ち勝つんだ
仕事も頑張って、家族を幸せにしろ
それすらできないなら、俺の人生は意味がなくなる
母さんにもっと会いに行ってくれ
いい夫、いい父親でいろ
それが兄さんの義務だ。切るよ」
チョンウは泣きながら聞いている
電話を終えたソヌは、意識を失いそのまま床に崩れ落ちてしまう

1992年 12月31日 夜8時
何も知らずにソヌの家にやって来たヨンフン
「ソヌなら病院よ」とお手伝いの女性
「えっ?どうして?」
「院長が亡くなったこと聞いてない?」
「えっ?なぜ?」
「病院で火事が起きたの
ソヌも入院したのに知らなかった?」

2012年 12月31日 夜8時 大学病院の廊下で祈るヨンフン
そこに看護師が、「先生、腫れがひどいのですぐ手術を」と知らせに

1992年 12月31日
ヨンフンはすぐにソヌの病院へ

一方、現代のヨンフンも、ソヌの病室へ急ぐ
「先生、パクさんが同意書にサインなさいました」と助手
ソヌはうっすらと目を開け、ヨンフンを見る

1992年のソヌも目を開ける
「ポケベルに連絡してたんだぞ」
「家に置き忘れて、春川で遊んでたんだ
さっき帰ってきた、なんてザマだよ」と泣き顔になりながら言う
「聞いたか?父さんが亡くなった」頷きながら、涙をぬぐう若いヨンフン

2012年、目を開けたソヌはヨンフンに言う
「家族を呼びたくないからサインした
抵抗しても無駄だろ。お前ならサインの偽造もしかねない
キレイに殺せ」
「死ぬわけないだろ。俺が助けてやる」
「お前にできるのか?」
「とにかく助けりゃいいんだろ!」
「この詐欺師め」と笑顔を見せエレベータに乗り込むソヌ
沈痛な表情で彼を見送るヨンフン

1992年、ソヌの病室で泣き続けるヨンフン
「もう泣くのは止めて、楽しい話でもしてあげて。ソヌはつらいの」と叔母
「はい、すみません」
ソヌに冷たい水が欲しいと言われ、叔母は部屋の外に

「お前を待ってた。僕のせいだ、父さんを守れたのに
父さんが死ぬことを知らせてくれた人がいる
火事でなくなると教えてくれたのに、防げなかった」
「誰が教えてくれたんだ?」
「僕だ。20年後から来た未来の僕だ」

2012年、病院では、ソヌの手術のための準備が始まる

1992年、現代のソヌが置いて行った住民登録証をヨンフンに見せるソヌ
「お前に似てるぞ」
「そりゃそうさ、僕だから」
「疑ってたけど、今は信じるしかない
父さん以外にもう一人誰か死ぬって」
「誰が死ぬんだ?」
「わからない。今夜あった時に教えてくれる
本当に死んだら?母さんか兄さんなら?」
「何の理由もなく、なんで?」
「父さんがなくなることも全然わからなかった
会ってきてくれ。僕は出かけられない」

2012年 ヨンフンはミニョンに電話を
一方、外で取材中のミニョンはソジュンからの電話に出ていた
「ミニョンさん、忙しい?」
「今取材中なんです」「じゃあ、用件だけ。親がミニョンさんに一目ぼれした」
「まさか」
「本当だよ。100%満足だってさ」
「社交辞令でも嬉しいわ」
「日取りを決めろと。春はどうかって、聞いてる?」
「それっていわゆるプロポーズ?ああ、ええと・・・」
「“ああ、ええと”って何?」
「今動揺してるの」
「驚くフリしなくていいよ、親に挨拶までしたじゃないか」
「今日偶然会っただけよ」
「偶然だけど挨拶には変わりない
来年の春、俺たち結婚しない?」
そのとき花火が!
「うるさくて話せそうにないわ、今は無理だから後で話しましょ」と電話を切る

雑踏の中、携帯をバッグに放り込んだミニョンは、ヨンフンからの電話に気づかない
メールを打とうとするヨンフン
しかし、看護師に促されそのまま手術室へ

1992年 午後8時55分
ソヌに頼まれたヨンフンは校庭に到着
未来のソヌとの約束の時間は午後9時

2012年、ソヌの手術が始まる
執刀はイム教授
「難しい手術だ。新年を手術室で迎えるかもしれんな」

1992年
ひたすら校庭で未来のソヌを待つヨンフン
9時半、10時と時間だけが過ぎて行く

現代では、ソヌの手術中
「言葉もみつからない。よく仕事ができたな
この状態じゃ、ろくに話せなかったはずだ」とイム教授

1992年
午後11時、ヨンフンはまだ校庭に

病室で連絡を待つソヌは、未来のソヌの言葉を思い出していた
『お前が救うべき人はもう一人いる
それは会って話す。お前が問題なく生きるためにな』『バカらしい』
『言えない。明日来い。さもないと、誰か死ぬぞ』

そこにヨンフンから電話が
「2時間待ったけど来ない」
「来ないのか?」
「来ないよ。ポケベルにメッセージは?」
「ポケベルは家にある」
「じゃあ、また家から電話する」

電話を切って、また未来のソヌの言葉を考えるソヌ
ヨンフンは、ソヌの家にポケベルを取りに
「また来たの?」とお手伝いさんが
「ソヌがポケベルを」
「連絡くれれば届けたのに」
「それ以外にも本とか他の物も頼まれて」
2階に上がったヨンフンは、ソヌのポケベルを確認するがメッセージはない

2012年
手術開始から2時間30分経過
「よくないな。かなり悪い。まずい、止血器」と教授
そのときソヌの容体が急変する

1992年
未来のソヌの言葉を頭の中で繰り返すソヌ
そこに、ヨンフンから電話が
「ポケベルにも連絡はなかった、他に手がかりは?」
「ない」
「その男が犯人じゃないか?
邪魔されないために間違った時間を教えたんだ」
「そうじゃない。父さんを救えなかったから何か変わったんだ」
「何のことだ?」
「次に死ぬ人は・・・、たぶん僕だ
あの人は連絡できないんだ、死んだから」
「お前は生きて話してるじゃないか」
「20年後の僕だ。38歳だと言ってた
僕は38歳で死ぬ。それを知らせに来たけど、死ぬと知ったら怖がるから後で話すと言ったんだ」

2012年
慌ただしくなった手術室
教授は、「止めよう。十分だ、やめよう。手は尽くした、自分を責めるのはやめろ」と、後処理を命じて手術室を出て行く
しかし、「待ってくれ。まだ終われない、少し待ってくれ」と手術を続けるヨンフン
「体力が持ちません。今やめれば、しばらくは命が・・・」と助手

1992年
ソヌと電話中のヨンフン
「どうして38歳の若さで死ぬんだ?」
「理由は聞いてないからわからない
どうしよう、早死にしたくない」
「死ぬわけないだろ」
「死んだから現れないんだ」
ヨンフンは返事ができない

2012年
手術室。手術を続けるヨンフン、しかしソヌの血圧が下がってくる

1992年
ソヌの話が信じられないヨンフン
「バカ言え、そんなの妄想だ
ケガのせいで悲観的になってるのさ
今からそっち行くよ、寝てろ」

2012年
手術室、ソヌの血圧降下は止まらない
「お願いだ、ソヌ」と言いながら、心臓マッサージを続けるヨンフン
心音停止
「先生」とヨンフンの腕を助手が掴む

1992年
未来のソヌの住民登録証をじっと見つめるヨンフン

2012年
ヨンフンは、崩れるように床に座り込む

1992年、電気を消し、ソヌの部屋を出るヨンフン
2012年、手術室、ソヌの遺体に白い布が

控室で泣いているヨンフン
そこにミニョンから電話がかかってくる
「ハン先生、すみません。電話くれてたんですね
用事ですか?もしもし?何かあったんですか?」
「ミニョンさん、ソヌが、ソヌが死にました」
「えっ?聞こえませんでした、何て言ったんですか?ごめんなさい、ここうるさくて」
「ソヌが・・・」
その瞬間、ヨンフンにある記憶が蘇る
「もしもし?ハン先生
先生聞いてますか?叔父が何です?」と同時に除夜の鐘が鳴る

1992年
小銭を拾おうとしてタンスの隙間からソヌの薬を見つけるヨンフン
それは、ソヌと若いソヌがもみ合いになったときに落としたものだった

2012年、ヨンフンは手術室に駆け込む
「患者はどこに?」
「あぁ、安置所に移送中です」

1992年 ヨンフンはソヌに電話を
「薬の袋があったよ、例の人のかも
書いてある電話番号を調べたけど実在しない
お前、病気で死ぬんじゃ?」
「病気?何の?」
「おい、医者を呼べ。早く」

2012年
全力で廊下を走るヨンフン

1992年
ソヌに呼ばれてやって来た医師に、ヨンフンは電話で薬の説明をする
「―それから黄色の錠剤とカプセル」
「カプセル?文字は?」
「あります。T、E、M」

2012年
移動中の遺体に追いついたヨンフン

1992年
薬を見ながら、「O、D、A、L」と文字を読むヨンフン
「テモダール?膠芽腫の患者かもしれない」
「膠芽腫って?」
「脳腫瘍だ」

2012年
ヨンフンは震える手で遺体の上にかけられた白い布をはがす
現れたのは、ソヌとはまったく別人の顔
ヨンフンは安堵のため息を

そして、テレビの画面にはニュースを読むソヌが!
「誰が詐欺師だって?とにかく助けたぞ」満面の笑みでソンフンは画面の中のソヌに話す
『国民の無病息災を願って除夜の鐘が力強くつかれています
こんばんわ、葵巳年になりました
ポシンガクの話題から始まった、新年最初の「ニュース・トゥナイト」です』
―第9話あらすじ終わり―

1992年ソンフンの薬を見つけた思いがけない行動で、ソヌが助かるのでこのタイミングはどんでん返しでした

Copyright © 2018 韓国ドラマ あらすじをネタバレサイト All Rights Reserved.