ぶどう畑のあの男 動画 あらすじ 第5話

ぶどう畑のあの男 あらすじ全話
はこちらから確認いただけます 

ぶどう畑のあの男 第5話あらすじ

ソウル行きの電車に乗ろうとしたその時、ジヒョンを呼び止めたのは、憧れの先輩、ギョンミンだった。
思わぬ再会に運命を感じたジヒョンは、急遽予定変更!
地元の保健医をしているギョンミンと行動を共にする。
おじさん宅では、ジヒョンの姿が見えず、おじさんとテッキは家の周りを捜す。
ジヒョンに電話するも、着拒で挙句の果てにジヒョンは携帯の電源を切ってしまう。
ジヒョンの残した手紙をめぐって大騒ぎ。
まるで遺書のような手紙に慌てて、テッキは逃げたんだと思っているがおじさんは心配している。

おじさんもテッキもジヒョンがいなくなったのはそれぞれがいじめたせいだと言い合う。
テッキが「そういやテレビの女になんか言ってたな。サイテー女とかなんとか」とつぶやくと、
おじさんは「おうおう、それだそれだ。きっとそいつのせいだ」と便乗。
自分たちと田舎の生活がジヒョンのストレスだったことにはちっとも気づかずに二人は納得する。

ちょっと小洒落た喫茶店でジヒョンとギョンミンはゆっくりジュースを。
お腹の音が鳴り、食事に行くことにするが田舎のピザ屋にジヒョンは喜んでがっつく。
ギョンミンは「田舎のピザは食べられない」と残す。
ジヒョンも合わせるが、食欲には負けて残りのピザも平らげる。
ぶどう畑の話をすると、意外におじさんはこの辺で一番大きい土地を持っている大地主で有名だと知る。

村をあげてジヒョンの大捜索が始まっていた。
おじさんがジヒョンの父母にも連絡し、家族たちもぶどう畑に向かう。

ジヒョンとドライブ中のギョンミンに緊急患者のコールが。
「重要な会議の途中なんだけど……」と平気で嘘をつくが、仕方なく保健所へ向かう。
救急患者の処置を終えて、ギョンミンのデスクでジヒョンは待つ。
そこでサークルのときに一緒に撮った写真を発見。

ジヒョンの家族も村に到着し、おじさんはすごく申し訳なさそう。

ギョンミンが治療を終えて部屋へ戻ってくる。
ジヒョンはうたた寝していたが、毎日の過酷な生活の夢に慌てて起きる。
ジヒョンは村まで送ってもらい、ギョンミンは開業が夢だと言っている。
江南で開業するには相当なお金が必要で、結婚するには、畑をもらって財産を持つしかない!
と内助の功を夢見るジヒョンは、決意をあらたにおじさん宅へ戻る。


≪スポンサーリンク≫


村に戻ったジヒョンは手紙のせいで大騒ぎしたのを知って、村にいて畑をもらわないといけないのに慌てておじさんに謝る。
肌荒れと手のマメや蚊に刺された娘の状態を見て心配した父親が連れ帰ろうとするも、
「わたしここにいたいの!農業が好きなの!」と拒否。
帰り際にママに尿瓶を注文。ジヒョンがここで生活するためには必需品だ。
心を入れ替えてがんばる!というジヒョンの態度に半信半疑のテッキ。

ジヒョンは夜の散歩に出かけ、ギョンミンへの思いのたけを月にむかってつぶやいている。

その現場をジヒョンを一人にしたら危ないと思い、影からこっそり見ていたテッキは自分のことだと勘違い。
「なんだよあいつ……。俺のことそんなに思ってたのか?」と戸惑いながらも変な女に惑わされるなと自分に言い聞かせる。

翌朝、おじさんはテッキとジヒョンを大事なぶどうの古株の前に連れてきた。
「もう二度と逃げないと誓うんだ」
「じゃあおじさんも誓ってください。絶対畑をくれるって」
これまでの収穫量を超えることができたら、畑をやろうと言うおじさん。
収穫量を超えたらジャガイモ畑の2千坪も追加してくれる。
「さあ、この古株のぶどうの木に手をあてて誓うんだぞ」
ふたりはぶどうの木に誓いをたてる。
おじさんの古株への話しかけ方が何とも切なく、
テッキもおじさんの思いとジヒョンのこれからの困難を心配し、厳しい表情。

テッキに過去の生産量をあげる協力を頼むジヒョン、テッキは見返りに自分の言うことを聞くことを条件に約束する。
その様子を見ていたおじさんはにっこり。

人が変わったように、ぶどうの条様になると一生懸命働くジヒョンに少々戸惑い気味のテッキ。
「あいつ……ほんとに俺のこと好きなのかな?」ギョンミンからの連絡が来ないことにじれてきたジヒョンは、保健所に行きたいがため病気やけがの人を捜す。おじさんを保健所に連れていく作戦も失敗し、村の子どもを買収しておしゃれな服に着替えて保健所に出かけていく。
治療中、子どもを後ろからつねり痛がらせる。
治療が終わって、ギョンミンとコーヒーブレイクしているときに子どもが「早く帰ろう」と邪魔しにくるがにらんで脅す。
そこでまんまとデートの約束を取り付けて意気揚々!
そうとは知らないテッキは、彼女のことを少し見直して、ご飯を用意してくれたりジヒョンの部屋に蚊帳を作ってくれたりして何かと心を配ってくれるのだった。

テッキの畑は、有機栽培。
土壌検査のために、今日は研究所に土のサンプルを持ってきた。
一緒についてきたジヒョンは、テッキの意外な一面を垣間見る。
研究所で後輩から尊敬され、教授にも高く評価されるテッキは、ぶどう畑で自身の研究の実践を行っているのだった。
教授からも研究所に戻る気はないかと聞かれるが、今の生活が好きだと断る。

ぶらぶらしていたジヒョンは、研究所の女性とぶつかって服を汚してしまう。
彼女の顔を見て、テッキの持っていた本に挟んであった写真の女性だと気づくジヒョン。
後ろからテッキが気付いてジヒョンを呼ぶ。
テッキもスジンに気づき、二人は昔の知り合いのようでしかもワケあり?!

テッキの勘違いからのジヒョンへの恋愛感情が芽生えたようで、これからストーリーは面白くなりそうです。
ジヒョンもまだまだ計算はあるものの、ぶどうの畑の仕事にも精を出すようになりました。
ぶどうの映像いつみてもおいしそう!

ぶどう畑のあの男 第5話 無料視聴はこちら
↓ ↓ ↓
ぶどう畑のあの男 第5話 無料視聴はこちら

ぶどう畑のあの男 動画 あらすじ 全話はこちら

ぶどう畑のあの男 あらすじ全話

Copyright © 2018 韓国ドラマ あらすじをネタバレサイト All Rights Reserved.