韓国ドラマ ハートレスシティ~無情都市~ あらすじ 第2話

ハートレスシティ~無情都市~第1話あらすじ

ハートレスシティ~無情都市~キャスト

チョン・シヒョン(チョン・ギョンホ)
“博士の息子”の異名を持つ、カリスマ性抜群の麻薬組織の幹部。
クールで武闘派だが、親友に義理堅く、愛する女性には純真かつ優しさに満ちて、いくつもの顔を持つ。

チ・ヒョンミン(イ・ジェユン)
エリートの麻薬捜査課特捜部部長。恋人の刑事ギョンミが暗殺されたことをきっかけに、警察内部に疑いの目を向ける。
熱血すぎて捜査が乱暴になることもしばしば。

サファリ (チェ・ムソン)
シヒョンの幼少期からの昔なじみの仲間。金と権力に容易に揺れ動き、いつしかシヒョンと争う関係に。

イ・ギョンミ (コ・ナウン)
ヒョンミンの同僚で恋人。警察としての自負が強く、潜入捜査に志願するほどの熱血刑事。同じ孤児院で育ったスミンは実の妹同然の関係。

イ・ギョンミ
天秤 (キム・ビョンオク)
暴力団と麻薬組織が結合した巨大麻薬組織“天秤派”を率いるボス。
息子の望みはなんでも叶えてやり、溺愛して育てている。

ユン・スミン (ナム・ギュリ)
同じ孤児院で育ち、姉のように慕っていたギョンミを暗殺されたことから、麻薬捜査課を熱望。
復讐を果たすことを胸に、アンダーカバーとして活動を始める。

キム・ヒョンス (ユン・ヒョンミン)
シヒョンの右腕であると同時に、シヒョンが唯一信頼する親友でもある。
軽薄な風貌でありながら、シヒョンのためなら死ねる覚悟を持つ義理堅い男。

イ・ジンスク (キム・ユミ)
事業家として成功を収め、この世界で知らない人はいないセクシーな女性。
シヒョンのことを、母親のように見守る一方で、1人の男性としても愛しているのだが…。

ハートレスシティ~無情都市~相関図
chart

ハートレスシティ~無情都市~  第2話 あらすじ

“クーデター”

“天秤”の部下の一人を吊し上げて“天秤”の居場所を突き止めたシヒョンとヒョンス。
愛する息子とJust Hotelで歌の鑑賞を楽しんでいるところに、“天秤”の居場所を突き止めたシヒョンとヒョンスが現れる。
シヒョンは“天秤”に対して「ビジネスは自分が行う、その代り家で資金を見守っていろ」と指示をする。
愛する息子と自分の関係を壊されまいと“天秤”は指示に従うしかない様子だった。
シヒョンはこの時“天秤”から麻薬工場のありかを聞き出すことに成功した。

シヒョンの事を母親のように見守る一方で、シヒョンのことを一人の男性として愛する女性事業家ジンスクの登場。
シヒョンは“天秤”の後ろ盾には釜山がある、これから先釜山に関する全ての情報を自分に伝えろ、と集まった親友達に告げる。

場面は釜山。
シヒョンの幼少時代からの仲間であるサファリはある男を訪ねる。
サファリとジンスク、シヒョンは幼少時代からこの2人を知っている。
その男は面倒なことが起こってね、とサファリに告げる。
そう、その男は今“天秤”がシヒョンの手のうちにいるということを知っていた。
その男はシヒョンに“博士の息子”の存在を知っているかどうか尋ねた。
サファリは答える。
知っている仲ではあるが良い関係ではない、と。

≪スポンサーリンク≫

シヒョンとヒョンスはホテルで“天秤”を拘束していた。
シヒョンがその場を離れている間に、サファリによってヒョンスが襲われ、“天秤”は連れ去られてしまう。
ヒョンシンに“天秤”から電話が掛かってきたのだ。
サファリはシヒョンを警察に捕まえさせるためのおとりとして“天秤”に自首をさせたのだ。
ヒョンシンは“天秤”になぜこんなことをする必要があるのかと聞くと、その理由は“博士の息子”の仕業だと答えた。
東海建設について聞くと、そのことは朴会長に聞いてくれと“天秤”は答えた。
この“天秤”の自首によって、特捜部のターゲットは“博士の息子”であるシヒョンに絞られたのだ。

その頃病院内で朴会長の死亡が確認され、警察は自殺だと判定する。
ヒョンシンは自殺ではなく、他殺ではないかと疑っていた。
特捜部から情報部にはずされたギョンミだったが、渡された資料の中に“博士の息子”に関連する麻薬取引の情報を見つけ動き出す。
自称“天秤”の女という麻薬取引を行ったとされる女をギョンミは取り調べる。
その女もまたサファリの手下で、を警察に捕まえさせる一つの陰謀であった。
シヒョンに言われるがまま麻薬の取引をしたと演技をしたのだったが、ヒョンシン見破られ、誰に指示をされているのかと女を問い詰める…。

Copyright © 2018 韓国ドラマ あらすじをネタバレサイト All Rights Reserved.