韓国ドラマ ハートレスシティ~無情都市~ あらすじ 第15話

ハートレスシティ~無情都市~第1話あらすじ
ハートレスシティ~無情都市~第2話あらすじ
ハートレスシティ~無情都市~第3話あらすじ
ハートレスシティ~無情都市~第4話あらすじ
ハートレスシティ~無情都市~第5話あらすじ
ハートレスシティ~無情都市~第6話あらすじ
ハートレスシティ~無情都市~第7話あらすじ
ハートレスシティ~無情都市~第8話あらすじ
ハートレスシティ~無情都市~第9話あらすじ
ハートレスシティ~無情都市~第10話あらすじ
ハートレスシティ~無情都市~第11話あらすじ
ハートレスシティ~無情都市~第12話あらすじ
ハートレスシティ~無情都市~第13話あらすじ
ハートレスシティ~無情都市~第14話あらすじ

ハートレスシティ~無情都市~相関図
chart

ハートレスシティ~無情都市~  第15話 あらすじ

ハートレスシティ~無情都市~
<第十五話 あらすじ>

ヒョンミンはお母さんの遺灰を撒いた河で一人悩んでいた。
釜山との戦争、そしてギョンミの死、サファリへの復讐…。

釜山のチョ会長は息子であったチョ理事の写真を眺めながら、手下のカンにサファリ、“博士の息子”との縁を切りたいとボソッと言う。
そして、2人を見つけ出ししっかり後始末をしろと命令をするのだった。
ヒョンミンもまた釜山の会長の邪魔をすれば命が危ないのだ。
そしてチョ会長に命令をされた手下達は、シヒョン、そしてジンスク、ヒョンスを探し始める。

ジンスクはスンミに長教授の資料が入った封筒を事務所から持ってきてほしいと言う。
スンミが事務所で封筒を探しているとそこにジンスクを探しに来た、釜山会長の手下カンが乗り込んできたのだった。
ジンスクの居場所を言わないスンミに薬を打つのだった…。
連れ去られそうになったスンミの前に現れたのはシヒョンだった。

シヒョンは一晩スンミに付き添い看護する。
スンミになぜこの世界から手を引けないのかとシヒョンは聞く。
スンミは実のお姉さんのような人がいたけど、殺された。
だから復讐をする為にこの世界に入ったと言うのだった。
そしてギョンミが言っていた、この世の中は鏡と同じようなものだという話をシヒョンにする…。

≪スポンサーリンク≫

その頃、ヒョンミンの元にサファリが訪ねていた。
ヒョンミンはサファリの一言で身の回りの刑事、そして警察幹部を疑い始める。
そして、アン警察官の元にジュヨンを連れていく。

スンミとギョンミの関係を悟ったシヒョンはギョンミの家に侵入する。
そこで見たのは、組織関係を整理する為に使っていた写真達であった。
シヒョンはヒョンミンの潜入捜査官であることを悟る。
そして、シヒョンはヒョンミンに電話を掛け、スミンの潜入捜査官の作戦を今すぐ取りやめろと言うのだった。

一方、ヒョンミンはサファリを潜入捜査官として送った者、そして昔サファリと同じ麻薬捜査課にいたヤンチーム長の職歴を抹消したのは誰か突き止めはじめていた。

ミン局長はおいつめられていた。
シヒョンとミン局長は教会で会い、ヒョンミンがミンに潜入捜査官がいることに気づいたようだと伝える。
ミン局長の狙いは釜山の裏にいる検察官とそれをとりまく奴らを捕まえたいだけだと言うのだった。

そしてサファリとシヒョンは2人で会う。
サファリは釜山の組織が怖いのは、検察、警察、国会議員も後ろ盾にいることだと言う。
サファリは警察官として潜入捜査をしないといけなかったのは、このことを暴く為だった。
そして釜山との戦争を意味するのは、自分自身、シヒョン2人共死ぬ確率があるということをサファリはわかっていた。

“天秤”は釜山の会長に始末されてしまう。
シヒョンは釜山との戦争を始める。
ジンスク、ヒョンスと共に。

そして“博士の息子”シヒョンはアン検事を利用し、ヒョンミンと接触する…。

Copyright © 2018 韓国ドラマ あらすじをネタバレサイト All Rights Reserved.