韓国ドラマ 百年の花嫁 第10話 あらすじ

韓国ドラマ 百年の花嫁 あらすじ 全話はこちらから確認いただけます
↓ ↓ ↓ ↓
韓国ドラマ 百年の花嫁 あらすじ 全話

韓国ドラマ 百年の花嫁 第10話 あらすじ

突然現れた守護神に迫られ、消えた後も動揺を隠せないドゥリム。ドゥリムが店に戻ると、待っていたイヒョンから自分がイギョンの変わりに犠牲になるというジェランのこれまでの計画を聞かされる。しかしドゥリムは守護神が「命を失ったとしても新婦になりたいのか?」という問いに答えたとおり、ガンジュの新婦になる決心をし、ガンジュもまた父イルドに「今イギョンさんを逃したら一生後悔しそうです」と気持ちを伝える。

翌日、ガンジュとの結婚を前にこれが最後になるかもしれないと、ドゥリムは祖母を連れてショッピングと食事に出かけ、南海にしばらく戻ることを伝える。ルミはガンジュがドゥリムと結婚しようとする様子に「後悔しない自信があるのか」と問うもガンジュは意思を変えない姿を見せる。一方言い伝えがあるにもかかわらず最初の新婦になろうとするドゥリムにイギョンは「チェ・ガンジュが一体なんだって言うの? 命を引き換えにできるほど意味があるの?」と問うが「初めて私よりも私を大切に考えてくれた人。そんな人をどうして手放すことができるの?」と答えるドゥリム。自分の意思を貫くことで死んだとしても永遠にガンジュのそばにいることができると判断したのだった・・。

ドゥリムが家に戻ると、南海に行くといったことがうそだと気づいたジンジュに迫られ、ガンジュと結婚することを伝える。ついに南海へ行くからと祖母に別れを告げ、店を去るドゥリムの姿をみた占い師は、ドゥリムがあの世にいくかもしれないということを祖母に伝えるが、店から追い出される。

イヒョンにも南海に行くと告げ、最後の別れを惜しみつつ去っていくドゥリム。その後ドゥリムはガンジュと共に教会にて二人だけの結婚式を挙げる。それを何者かが隠し撮りしていた。それにも気づかずつかの間の二人だけの時間を楽しむガンジュとドゥリム。ドゥリムは「もし誰かが事情でガンジュさんにうそをついていたらどう思う?」と尋ねると「それが僕の一番嫌なことだ」と答えるガンジュ。

ジンジュはとても不安な気持ちを抑えられずにイヒョンにドゥリムが南海に行ったのではなく、ガンジュと共にいることを打ち明ける。慌てたイヒョンはイギョンのもとに行き、イギョンと母ジェランのすべての計画を知っていることを伝える。このことがドゥリムの口からガンジュにばれてもいいのかと迫られたイギョンは、イヒョンにジェランの居所を伝え、慌てて母ジェランにも伝える。ガンジュとドゥリムがいる別荘のそばに待機していたジェランは「そうなら永遠に口を開かせないようにしなければ」とつぶやく。次の日になればすべてが解決すると信じていたのだ。ガンジュとドゥリムがこれが最後になるかもしれないと惜しみながらも初夜を送ろうとするころ、守護神が現れて待機していたジェランの前に霧が立ちこみ、眠りに陥る。ミョンヒはイルドとの初夜のことを綴った亡くなった初恋の相手の日記を読むが、次のページが破られていた。実はそのページをガンジュの祖母が持っていたが、読んだとたんにショックで倒れてしまう。
ドゥリムの祖母はドゥリムの顔をした女性ががけから落ちそうになる夢を見て、孫に何かが起こるのではと心配する。そして引き出しから片方だけの古くなった靴を取り出した・・・

翌日の朝、ガンジュが目を覚めるとブレスレットだけを残してドゥリムの姿が消えていた。慌てて山の中を探し回るガンジュ。だがガンジュの夢に出てきたように、ドゥリムは朦朧としたまま山の上まで登りつめていた。

実は店の前に守護神が出てきたときに守護神から「お前は死なないだろう。迷いに打ち勝ち真実の愛を貫けるかという試験に通過した。でも死ぬよりも怖いのはこれからの現実だ。あなたの命を狙うのはあなたを取り巻く人々だ。それに勝つにはあなたの仮面を脱いで真実に向き合うしかない。ともすれば死よりも苦痛なことかもしれない。あなたが信じているあの人も信じられずにあなたを捨てるかもしれない・・でもこの道を行くのか?」と尋ねられていた。黙って頷いたドゥリム。未来は自分自身が作り上げていかなければならないことも、なぜ自分が選ばれたかもこれから自分で探していかなければならないという決心をさせられていたのだった。

ドゥリムを探しにきたガンジュは無事だったドゥリムを見て安心する。そしてドゥリムは「未来は私たちが自ら作り上げていくもの」と伝え、硬く抱き合う二人だった。

慌てて別荘に行ったイヒョンは、ガンジュとドゥリムの姿を確認するものの、ジェランの運転手によって気絶させられる。ガンジュとドゥリムは待ち構えていたジェランと会い、早くソウルに戻るように言われる。
ソウルに戻る前に真実をすべてガンジュに打ち明けようとするドゥリム。しかしガンジュの祖母が倒れたという電話がきたことで話は閉ざされる。ガンジュの祖母はドゥリムに会いたいといっているが、ガンジュとは別にジェランと共にそのままソウルに戻ることになるドゥリム。意識を戻したイヒョンは慌てて追いかけ、ジンジュはガンジュの居所を探す。ソウルの病院に着くとジェランからドゥリムは「もうお前の役割は終わった。舞台から降りなさい」といわれ、言うことを聞かないと祖母とジンジュが危なくなると脅迫される。そのまま男たちに連れ去られてしまうドゥリム。ジェランはイギョンを連れてガンジュの祖母の元に向かい、何も知らずに待っていたガンジュと対面するが・・・・。

Copyright © 2018 韓国ドラマ あらすじをネタバレサイト All Rights Reserved.