韓国ドラマ 百年の花嫁 最終回 あらすじ

韓国ドラマ 百年の花嫁 あらすじ 全話はこちらから確認いただけます
↓ ↓ ↓ ↓
韓国ドラマ 百年の花嫁 あらすじ 全話

韓国ドラマ 百年の花嫁 最終回 あらすじ

守護神は自身のお腹に手を当てるドゥリムの前に現れて、終わりではなく始まりになるだろうとこれからの運命を告げる。ミョンヒはイルドとの再会を通して再び家に戻り、ガンジュはドゥリムの幻を見るほど恋焦がれながら2年が過ぎる。ドゥリムは密かにガンジュとの間の子を生み、海辺で商売をしながら生計を立てて暮らすもガンジュへの恋しさを募らせる。

ガンジュはルミの協力であちこちからドゥリムの情報を探し、ついにドゥリムの住む町を訪れる。同じ町にいながらもすれ違う二人。しかし、ふとしたことでドゥリムが持っていた毛糸が転げ落ち、プロポーズをした時と同じようにガンジュのもとに。二人は涙を流して再会を喜ぶ。ガンジュは初めて自身とドゥリムとの間に生まれた子供ガンリムと会う。

ドゥリムの祖母はイルドの元を訪れて、自身が今まで持っていた昔の靴を見せ、実はそれが50年前にドゥリムの祖母がガンジュの祖父との婚礼を拒否し、愛する人と逃げたときのものであることを告げる。話を聞いたイルドは、祖母の孫であるドゥリムとガンジュの出会いは天が結びつけた因縁だったと全てを受け止める。

ドゥリムはジェランが入院する病院を訪れ、イギョンと再会し、ジェランもまたドゥリムに涙しながら過去の過ちをわびる。

イヒョンは会社経営もうまくいき、ジンジュはキム秘書からのプロポーズを受け、ガンジュはドゥリムとガンリムを迎えて守護神とかつて恋人同士だった高祖父の祭事を行う。

ドゥリムは以前した質問でいつ自分を見てどきどきしたのかという質問の答えを再びガンジュに尋ねる。ガンジュははじめてあって転びかけた時にキスした時だと伝える。ドゥリムは今もどきどきすると話し、お互いの愛の深さを確かめる。

守護神は占い師の前に姿を現したため、占い師はドゥリムとイギョンがなぜ血がつながらないのにそっくりなのかについて聞くと、、ドゥリムが生まれた頃、同じくジェランが生んだイギョンの顔をドゥリムと一緒にし光と影のような立場になったが、これからはお互いが別の光を持つ自身の道をいく運命が始まったことを伝えた。そして守護神自身もガンジュの幼いときのようにガンリムを見守り続ける。

チェ家の家族はまたもとのように幸せな日々を過ごし、ドゥリムはミョンヒから先祖を祭る部屋の鍵を渡され、正式な嫁と認められる。そしてチェ氏を受け継ぐガンジュと共にこれからを生きていく。

Copyright © 2018 韓国ドラマ あらすじをネタバレサイト All Rights Reserved.