韓国ドラマ 欲望の仮面 あらすじ 116話~120話

韓国ドラマ 欲望の仮面 あらすじ 全話 はこちらから確認できます
↓ ↓ ↓
韓国ドラマ 欲望の仮面 あらすじ 全話

欲望の仮面 あらすじ 116話
苦しかった6ヶ月のことを忘れてしまっていたナ・ハンジュンの口から、昔自分とナ・ミソを大事に大切にしてくれたナ・ハンジュンが見えると言う。それを聞いたチャ・スニョン。カン・チェリンが同じ家にいることに対し不便だった家族たちは、チェリンに家から出て行って欲しいと思っていた。そして、このことをチャ・スニョンに伝えるのだが…

欲望の仮面 あらすじ 117話
チャ・スニョンとカン・ウジンが別れたことで、社長の座になれる機会を失ったキム・イヒョン。そんなキム・イヒョンはチャ・スニョンを探し、このまま簡単に別れないでと頼む。ナ・ハンジュンは、消化不良で体重が減るので病院に行き、様々な検査を受ける。その頃、カン・チェリンは何が何でもナ・ハンジュンとは離婚しないと心に決めるのだった。

欲望の仮面 あらすじ 118話
ペク・ファス所長は、ペク・イナに、これからはお父さんがいるから弱気にならず堂々と強く生きるんだと伝える。カン・ヘジンは、イ・ジェハに仕事が終わって映画でも見に行こうと誘う。そんなカン・ヘジンに疲れるイ・ジェハ。そんな時、突然ソ・ナムジュが事務室に入ってきてビックリするカン・ヘジン。その頃、ペク・ファス所長とナ・ハンジュンは話をしていた。

≪スポンサーリンク≫

欲望の仮面 あらすじ 119話
カン・ウジンは工房に行き、あちこち見ていた。そんなカン・ウジンをみつけたペク・ファス所長が、工房の中に入れる。連絡が出来ないナ・ハンジュンが心配で仕方なかったペク・イナのところに、カン・チェリンがやってくる。そして、ペク・イナはカン・チェリンに昔のようなチャ・スニョンではないと自信満々に言う。その頃、どこかにいっていたナ・ハンジュンがいきなり家にやってくるのであった。

欲望の仮面 あらすじ 120話
冷たくチャ・スニョンから離れていくナ・ハンジュンの姿を見つめ、悲しくて立ってはいられなくなり、座り込んでしまう。そして涙を流すのだった。カン・チェリンとナ・ハンジュンは最後の最後まで仕事仲間でいることを誓った。発酵化粧品のレシピも完成し、CMは前の時と同じようにチャ・スニョンがモデルをすることになった。だがその頃、その事を聞いたカン・チェリンは、ただ見ているだけでは終わらないと言うのであった。

Copyright © 2018 韓国ドラマ あらすじをネタバレサイト All Rights Reserved.